手軽に取り組める有酸素運動”ウォーキング”はおすすめ!『期待出来る5つの効果&魅力とは?』

ウォーキングにより得られる効果とは

誰でも手軽に取り組めるウォーキングはかなりおすすめの運動です。

またウォーキングで得られる健康や美容効果もなかなかに侮れません^^

ですがもちろん(特に女性は)見た目の綺麗も忘れてもいけません。

そして女性のヒゲ(産毛)対策にノイスは人気&おすすめのスキンケアクリームです。

ウオーキングはなぜいいのか?期待される5つの効果とは

ウォーキングの魅力とでもいいましょうか?

ウォーキングに取り組むことで期待が出来る5つの効果があります。

『なぜ?ウォーキングが体に良いのか?』
というその理由を簡単にではありますがざっと5つほど紹介したいと思います。

3つのホルモンが分泌される

ウォーキングに取り組むと3つのホルモンが分泌されることになります。

βエンドルフィン=ときめきホルモン

歩き始めてから約15分後に(個人差があるそうです)、βエンドルフィンが分泌されます。

これは、気分をハイにする物質で、“ウオーキングハイ”を引き起こすそうです。

更に25分後には、やる気を高めるドーパミンが分泌されるそうです。

別名を“ときめきホルモン”と言うそうです。

セロトニン=幸せホルモン

更に40分後には“幸せホルモン”のセロトニンが分泌され、幸せな気持ち、優しい気持ちになるそうです。

βエンドルフィンが分泌されることにより、心臓が鼓動を高め、体内の隅々に血液を送るため、肌の新陳代謝が良くなるそうです。

また、免疫細胞の活動が盛んになったり、女性ホルモンの分泌が高まるため、肌や髪に潤いを与えたりするようです。

セロトニンには体のたるんだ筋肉を持ち上げる効果があります。

ヒップアップやバストアップに効果的と、本で読んだことがありますが、女性には嬉しいですね。

ドーパミンで脳の活性化が起こる

ドーパミンの分泌が高まると、やりたいことが次々に浮かび、更にセロトニンの効果で前向きな気持ちになるそうです。

有酸素運動によるダイエット効果

歩き出してから、15~20分位で、体脂肪が燃え始めるそうです。

定期的に歩くと基礎代謝が高まり、脂肪が燃えやすい体になるということです。

脳に良い効果がある

体内に血液と酸素が行き渡り、脳まで届きます。

それにより思考力や集中力、記憶力が高まるそうです。

前向きな気持ちになる

ドーパミンの分泌により・・・私は、出かけるとテンションが上がり、とても楽しくなります。

「次は△△を勉強したい!」と思うようになるのは、沢山歩くからでしょうか?

  • 「帰ったらネットで調べよう。」
  • 「費用はどうしようか。」

などと様々な考えが浮かびます。

電車を乗り継ぎ、階段を上ったり下りたりし、駅の構内を歩くなど、普段とは比べものにならないほど歩いているからでは、と思います。

ストレスを解消する

街の中を何気なく歩いていると、気分がすっきりしてきます。

そのため、悩み事がちっぽけな物に思えてくるから不思議です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする