運動不足解消に(時間がなくても出来る)ウォーキングに取り組む”メリット&デメリット”

ウォーキングに取り組む理由とはメリットとデメリット

「気持ちも体もアップ!ウオーキングは素晴らしい」というウォーキングについてのお話となります。

最近は健康のためにウオーキングを日課にしている人はそこそこに多いようです。

私は通勤時に、この近辺では有名な公園のそばを通りますが、歩いている人を必ず見かけます。

そして、「私も歩かなくちゃ、次の休みこそ。」と思うのですが、なかなか実行できません。

しかし、ウオーキングすることにより、素晴らしい効果が期待できそうです。

運動不足が原因?階段がキツイ

昨年のことです。

久し振りに電車で都内へ出かけたのですが、駅の階段を上り始めると、途中で膝が辛くなり、上るのがやっとという感じでした。

「以前は駆け上がれたのに、私も年を取ったのかしら?気持ちは若いつもりでも、体は正直だな。」と思い、少しショックでした。

独学で覚えたパソコンに向かう時間も理由・・・

その時は年のせいにしていたのですが、よく考えると運動不足が原因とわかりました。

以前より歩く機会が、随分と減っているのです。

それには、最近パソコンに向かう時間が増えたことも関係していると思います。

昨年の今頃、私はパソコンの操作も入力もできなかったので、パソコンの前に座っていることなどありませんでした。

そんな私が独学で操作を覚え、副業をするまでになったのですが、〆切があるため休日もかなり忙しくなりました。

気付くと色々と忙しく時間がなくなっていた

今まで、隙間時間に勉強して様々な資格を取ってきたので、決して時間の使い方が下手とは思えません。

ですが、原稿の下書きをして入力し、家事をして買物に行き、時には取材を兼ねて色々なイベントにも参加しますが、そうなると半日は潰れてしまいます。

家にステッパーがあり、たまに踏んでいたのが、それすらしなくなってしまい、「人間は足から老化する。」と聞いているので、これではいけないと危機感を感じています。

ウオーキングの利点(メリット&デメリット)

そしてウオーキングには、

  • 誰にでもできる
  • いつでもできる=自分の都合が良い時間にできます。
  • お金がかからない=ジムで運動となると、お金がかかります。
  • 道具がいらない=テニスやゴルフとなると、道具が必要です。
  • 動きやすい服装、歩きやすい靴(スニーカーなど)であればOK

などなど他のスポーツのように、ウエアを揃える必要がありません。

という利点があります。

つまり思い立ったらすぐにでも始められるのは、良いですね。

ウォーキングにデメリットは考えてみたのですがほとんどない様な気がします^^;

「ライフスタイルウオーキング」日本ウオーキング協会が勧めていること

日本ウオーキング協会では、次のようなことを勧めています。

・立っている時間を増やす⇒座り仕事の人は、合間に立ち上がり足踏みやストレッチをしましょう。
・こまめに動く⇒ゴミ出し、新聞を取りに行くなど、少しでも動きましょう。
・意識して歩く⇒エレベーターやエスカレーターを使わず、階段を使いましょう。
これは、よく言われています。私もできるだけ実行しています。

また、バスの停留所一つ分歩くのも良いそうです。

・一週間の平均歩数が8000歩以上であれば良い⇒一日に○○歩を歩かなくてはと難しく考えなくて良いそうです。これは、とても良いことだと思います。

今後の課題=健康の為に体力をつける

私の好きなアーティストは私と同年代ですが、「体力をつけるために、4キロ位歩いている。」と言っていました。

4キロまではいきませんが、私も体力をつけていき、これからも健康でいられるように、歩く時間を作るのが、今後の課題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする